MPS JAPAN−生産から流通まで一貫して取り組む MPS(花き産業総合認証)
トピックス MPSとは 関連イベントカレンダー MPS参加者紹介 Q&AとMPS用語
会社概要 関連リンク 資料請求・お問い合わせ プライバシーポリシー トップページ
トップトピックス > トピックス詳細
トピックス
■第17回MPS参加者ネットワーク協議会
第17回MPS参加者ネットワーク協議会が開催され、32名が参加されました。
  • 日 時 : 2016年4月15日(金)  14:00〜17:30 協議会 / 18:00〜 懇親会
  • 場 所 : 法政大学 新一口坂校舎
  情報交換会の講演者と演題
  • 売れるお花のトレンド  (株)大田花き花の生活研究所 代表取締役 桐生進 氏
  • MPS農薬データ分析から見えるもの 病害虫防除の問題点  元シンジェンダジャパン(株) 彦田岳士氏
  • MPSの現状と今後の展開   MPSジャパン(株)代表取締役社長 松島義幸
 トップは、大田花き花の生活研究所桐生社長の登場。「売れるお花のトレンド」のテーマで講演。
花研(はなけん)は日本の花き業界唯一のシンクタンク。花の消費動向、市場取扱額の推移、購入チャネルの変化など先ず業界全体を解説。品目別取扱額、供給量のトレンドなどは市場ならではの分析で貴重。そして流行とは?流行が繰り返す2極、アナログ期とデジタル期。今はアナログ期の真っ最中だそう。そのトレンドの変遷を品目やブーケスタイルなどの置き換え説明。

 続いては、彦田岳士氏。「MPS農薬データの分析からみえるもの〜病害虫防除の問題点」のテーマで講演。
バラ生産者15人のデータ分析から防除コスト、防除回数を集計して生産者によって大きく違う、その原因は・・・。
本来難しい話をビジュアルで分かり易いパワーポイントで説明。

 最後は、「MPSの現状と今後の展開」のテーマでMPSジャパン 松島社長。
先ず世界の花き流通の動き、そういう中でサステナブルな社会、環境への関心から具体的な取引の場での国際認証の重要性が高まっている現状を説明。また、「日持ち品質管理認証制度」を新たに立ち上げることについて説明。

イメージ イメージ
開会の挨拶をする大西会長
(岐阜 セントラル・ローズ社長)
講演する(株)大田花き花の生活研究所
代表取締役 桐生進 氏
イメージ イメージ
講演する 彦田岳士氏 講演する MPSジャパン(株)
代表取締役社長 松島義幸

*詳しい内容をご希望の方は、MPSジャパンへお問い合わせください。
TEL:03-3238-2702 FAX:03-3238-2701
mail:info@mps-jfma.net
ページの先頭へ
Copyright (C) MPS Floral Marketing Co.,Ltd. all rights reserved.